様々な治療法で自律神経失調症を克服|体の健康改善を目指そう

無理をしないことが大切

漢方

誰でもなる可能性はある

交感神経と副交感神経をあわせて、自律神経と言います。自律神経には心臓を動かす、汗をかくなど、無意識に行われる活動を担う役割があります。この自律神経のバランスが崩れている状態を自律神経失調症と言います。自律神経失調症は、内臓や器官に異常が見られる病気ではありませんので、それらの箇所の検査を受けても異常が見られることはありません。また、症状に関しても一人ひとり異なり、不眠やめまい、頭痛、動悸、手足のしびれ、多汗、食欲不振、集中力の欠如など様々です。自律神経失調症の原因としては、生活習慣の乱れやストレス、性格などがあります。治療法は医薬品や漢方薬を使用する、カウンセリングを受けるなどがあります。近年では、漢方薬を使用するという人も多くなってきています。

専門医に相談

自律神経失調症の原因は一つではありません。そのため、治療法も一つではありません。症状やタイプにより、体と心の両面からケアする必要があります。自分でケアすることが出来る場合もあれば、専門の知識や経験のある人からのサポートが必要となることもあるでしょう。漢方薬を使用する場合には、症状はもちろん、体質に合わせて選ぶということが非常に大切になります。そこで、漢方薬を使用した治療を考えているのであれば、必ず専門医を受診するということが大切になります。同じような症状が出ているという場合であっても、体質によって適している漢方薬が異なる可能性がありますので、注意が必要です。飲んですぐに効果を実感することが出来るわけではありませんので、相談しながら継続するようにしましょう。