様々な治療法で自律神経失調症を克服|体の健康改善を目指そう

神経を休めて改善を図る

治療薬

理学療法や音楽療法なども

肺を使って呼吸をしたり、心臓を動かして体中に血液を送ったりするために休みなく働いている神経が自律神経です。自律神経はそうやって一日中ハードワークをしているので、無理がたまると乱れが生じて自律神経失調症になることがあります。自律神経が乱れて体や心の調子が良くなくても、比較的軽いうちであれば休養をたっぷり取るなどの対策で改善できますが、自律神経失調症にまで進んでしまうと治療を受ける必要が出てきます。自律神経失調症の治療には薬を服用する薬物療法もありますが、自律神経を落ち着かせるには心身がリラックスすることが大事なので、マッサージやカウンセリングも治療効果を高めます。病院でも理学療法士による理学療法や、音楽療法などの治療が行われることもあります。

ビタミンやセロトニンなど

自律神経失調症の治療の目的は自律神経を調整して乱れを解消することです。そのためには、不足している栄養成分などをサプリメントなどで摂るのも効果があります。自律神経失調症になるとイライラすることが多くなるので、イライラを鎮める効果のあるカルシウムや、カルシウムの吸収を良くするビタミンDやクエン酸などを摂ると気分を落ち着かせるのに役立ちます。また、脳がブドウ糖をエネルギーとして使うためにはビタミンB1が必要なので、ビタミンB1もしっかり摂ることが大事です。自律神経失調症の患者は夜の眠りが浅かったり足りなかったりすることも多いですが、そういう場合にはセロトニンが不足しています。セロトニンも最近ではサプリメントで摂ることができるので、不眠が症状として出ている人は試してみると良いでしょう。

ハチミツが効果的です

栄養剤

現代社会はストレス社会であり、自律神経失調症になる人が増えています。症状を薬物服用で抑えるのは可能ですが、根本治療とは言えません。そのため、自律神経の働きを整える効果のある食品や成分に注目が集まっています。ハチミツは、カルシウムを始めとした栄養が豊富であり、自律神経失調症の治療に役立ちます。

Read

無理をしないことが大切

漢方

副交感神経と交感神経のバランスが崩れ、体や心に様々な症状が出ている状態のことを自律神経失調症と言います。原因や症状、タイプはひとりひとり異なり、治療法も医薬品や漢方薬などを使用した薬物療法、カウンセリングなどの心理療法、マッサージなどの理学療法などがあります。

Read

倦怠感・不眠等の問題解決

生薬

さまざまな症状のある自律神経失調症の中でも、倦怠感や不眠には多くの人が悩まされています。内科などの病院を受診しても異常がないと言われるケースが多く、問題解決には東洋医学に頼った方がいいものです。漢方薬の服用も効果的ですが、もっと手軽に体質を改善する方法として、漢方系サプリメントも挙げられます。

Read